警備業界で今後も継続したい警備就業者、約4割

警備業就業者の就業実態 ニュース

先日2020年2月17日、FNN PRIMEにて配信されたディップ総合研究所によるプレスリリース「警備就業者1500人、「今後も継続したい」約4割!」という興味深い記事をご紹介致します。

:「警備業で今後も継続したい約4割!理由は希望に合った日程、したくない理由は体力的な負担、割に合わない給与」――ディップ総合研究所

調査結果サマリ

警備業就業者の就業実態」に関するアンケート調査を2019年12月19日(木)~2019年12月24日(火)にディップ社で実施。
本調査では、1号・2号警備(※1)に焦点を当て、それぞれ正社員、有期雇用社員(非正規雇用者)に分けて分析。

※1:警備業務の区分(1号:施設警備業務、保安警備業務など、2号:交通誘導警備業務、雑踏警備業務など)

1. 「今後も継続したい」約4割。継続したい理由は「希望に合った日程」、継続したくない理由は「体力的な負担」、「割に合わない給与」
2. 警備員の9割は異業種からの転職者、働く理由の1位「経験がなくてもできるから」
3. 警備で働いていくことに「何かしらの不安を感じている」約4割、内容は「仕事がなくならないか」、「収入面での老後の不安」

調査背景

リーマンショック以降、上がり続けた有効求人倍率は、2019年12月1.68倍(※2)となり、2009年12月0.47倍(※2[同])と比較すると1.21ポイント高くなっております。
従って企業の人材採用が非常に困難になっていることが分かります。
中でも、警備員が該当する保安職種については8.32倍※2[同]) と、全職種中、最も高い水準で深刻な人手不足になっております。
警備員の所定内給与額は平均237,200円(※3)であり、全職種の平均306,200円(※3[同] )と比較して非常に低く、労働者が集まらない要因の1つとなっています。

※2:厚生労働省、一般職業紹介状況(職業安定業務統計)有効求人数(新規学卒者を除きパートタイムを含む)
※3:厚生労働省、平成30年賃金構造基本統計調査

警備業継続意向とその理由

継続意向の内訳

内容 とても働きたい やや働きたい どちらとも言えない やや働きたくない まったく働きたくない
1号 正社員 10.8 26.6 43.6 13.4 5.6
有期雇用社員 10.3 29.2 43.2 12.4 4.8
2号 正社員 9.0 32.4 41.0 12.9 4.8
有期雇用社員 7.0 28.9 45.6 11.4 7.0

内訳から見ますと、最も多いのは「どちらとも言えない」です。こちらに関しては全ての業種、雇用形態で4割以上を占めています。
正社員の場合、1号では37.4%、2号では41.4%が「働きたい」、逆に1号では19.0%、2号では17.7%が「働きたくない」 となっています。
有期雇用社員(非正規雇用者)の場合、1号では39.5%、2号では35.9%が「働きたい」、逆に1号では17.2%、2号では18.4%が「働きたくない」 となっています。
ざっくりとはなりますが、1号業務の方が2号業務より継続意向は多少多く、2号業務は継続意向は若干低く、 有期雇用社員(非正規雇用者)では顕著になっています。

その理由

メリット

全体としての継続して就業したい理由は、1位「勤務時間が希望と合っているから」、「勤務日数が希望と合っているから」(共に22.0%)、3位「人との関わりが適度だから」(19.3%)に続き、「シフト対応が柔軟だから」と、働く日程に関わる項目が上位を占め、「仕事内容が簡単だから」、「体力的な負担が小さいから」なども挙がっています。
注目すべきは、2号の有期雇用社員の回答です。1位「勤務日数が希望と合っているから」(43.9%)、2位「シフト対応が柔軟だから」(36.6%)、3位「勤務時間が希望と合っているから」(34.1%)と3割を超える回答率がメリットとして上げられています。
また、「Wワークがしやすいから」(22.0%)も注目されます。全体としての継続メリットの回答率と同じ高い水準になっています。

デメリット

継続して就業したくない理由の1位「体力的な負担が大きいから」(26.5%)、2位「仕事内容の割に給与が低いから」(26.1%)は、3位以下を10ポイント上回る結果となりました。
「体力的な負担が大きいから」については、1号・2号共に有期雇用社員からの回答が高い結果となっており、特に2号の有期雇用社員から回答率は35.6%と最も高い水準になっています。
メリットでの回答に「体力的な負担が小さいから」が上がっており、デメリットにおける「体力的な負担が大きいから」と相反していますが、これは年齢層の違いや業務の違いが色濃く反映されていると考えられます。
また、「キャリアアップがのぞめないから」、「人に誇れる仕事と感じないから」の回答率も1割以上を占めています。正社員の回答で高かったものに「精神的な負担が大きいから」がありました。

タイトルとURLをコピーしました