組合加盟について

労働組合や団体で全警連に加盟したい

一人で全警連に加入するのに抵抗のある方や既に就業先の警備会社に労働組合が存在し、組合員になっていらっしゃる方、これから労組を作って労働環境改善に望まれたい方などを対象として、団体や組織で全警連に加盟することもできます。

お勤め先での労働環境や労務状況、あるいは地域ごとの事情、更には職務ごとの違いや現場ごとの事例など、一口に警備業と申しましてもかなり幅広い各種問題がございます。
そもそもサービス業と括られている警備業ですが、保全業務といってもそれが建設現場なのか商業施設なのか公共交通機関なのか祭事なのか、クライアントが法人なのか自治体なのか個人なのか、求められるサービスを一言で表現しづらい難しい業種であることが上げられます。

そんな状況において、漠然と企業別労組や一団体で労務環境の改善や問題解決を図るのは困難が生じます。
全警連では、業界ならではの幅広い諸問題を、その専門的な知識・情報をもって各々解決して参ります。
ぜひ、全警連に加盟してみてください。

労働組合法上の労働組合ではなくても、労働条件の維持改善を目的とした団体であれば加盟できます。

憲法第二十八条「勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する」から労組法上の労組でなくても問題ありません。

全警連を上部組織として加盟したい

また、全警連では、上部組織に加盟していない労働組合役員の皆さんからのご相談もお受けいたしております。
従来、警備業種におきまして、産業別組合や職業別組合は存在しておりませんでした。
全警連が業界では初めての産業別・職種別組合として設立しましたので、ぜひ、お問い合わせください。

既に別団体を上部組織としていても問題ありません。
全警連は警備業・保安業に特化しておりますので他団体では理解しづらい問題解決や相談、協力ができます。

タイトルとURLをコピーしました